「ほっ」と。キャンペーン

祖父、祖母、戦地で散った伯父の事、中里&中尾家の歴史について調べます


by pimmsandlemonade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

中里宏

伯父は1922年(大正11年)8月17日に中里忠作、はるの次男として生まれる。

厚生労働省からの軍歴証によると「国高了」となっているから高校卒業後実家の農家を手伝っていたのだろう。

1942年(昭和17年)12月1日に召集令状により出兵。二十歳の冬。一補編入昭和17年12月1日。

1943年(昭和18年)6月7日 第一補充兵役編入 これに伴い「海軍兵籍編入(昭和18年勅令第四百二十一号)」というスタンプが押下されている。

1943年(昭和18年)12月15日 宏21歳。 横須賀第一海兵団 充員召集を命せられ参著 海軍二等水兵を命ず (田村印)
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-05-03 15:55 | (戦争)マレー沖
厚生労働省からの記録は、詳細で、実際に戦時中に使われていた手書きの記録簿のコピーで、宏伯父の両親、同居していた祖母、そして父を含む兄弟の名前と生年月日が全て記載されている。

入籍番号: 横一補 水第1471号 
兵種: 水兵
氏名: 中里宏 誕生 大正11.8.17
入籍時 学力: 国高卒 職業: 農業
服役年期: 一補編入 昭和17年12月1日
本籍地: 群馬県群馬郡大類村大字宿大類村・・・
家族: (全家族の氏名と生年月日)
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-05-02 15:47 | (戦争)マレー沖

鳥取丸

次男の宏伯父の戦死はやはり鳥取丸だった。

「昭和20年5月15日まれー半島シンゴラ沖にて戦死」の後、戦没時所轄として「船警 鳥取丸」

戦死に伴い、昇格。当日付けで「任海軍二等兵」
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-05-01 15:41 | (戦争)マレー沖

戦歴証明がきた

群馬県庁から、長男の清季と四男昭人(昭人伯父さんは復員した)の陸軍での戦歴と、厚生労働省からは次男宏の海軍での証明が来た。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-30 15:37

中里マツ

ひいひいおばあちゃん(高祖母) 

中里マツは嘉永5年(1852年)10月3日生に新井亦(赤?)蔵の長女として生れ、大正3年(1914年)5月10日に61才で亡くなる。17歳になる一ヶ月前の明治2年(1869年)9月1日に中里源吉と結婚。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-27 18:49 | 中里東雲

ないって・・・・

埼玉県福祉部社会福祉課から返信メールが来た。

**************************
中尾銀蔵様の兵籍簿をお調べしましたが、残念ながら県には保管がありませんでした。
**************************

ってことはおじいちゃんの所属していた部隊も調べられないし、どこへ行ったのかも、シベリアのどこにいたのかも、わからないのかなあ・・・。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-17 05:36 | (戦争)シベリア抑留

着々と

父からメール。お疲れ様!返信くるのが楽しみだわ。

「あ~あ、疲れた。中里清季(長男)、中里昭人(4男)の兵籍簿申請を
群馬県庁に、中里宏(次男)の軍歴照会を厚生労働省に依頼しました。」
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-15 06:32

鳥取丸濃厚かな?

次男の宏伯父の戦死日1945年(昭和20年)5月15日は鳥取丸が撃沈された日と合う。ってことは、父の記憶は正しいのかもしれない。本当に鳥取丸に乗船中していたのか。海軍の軍歴照会で確認できるだろう。

鳥取丸撃沈に関しては、日本語の検索だと、先に書いたように米艦HALIBUTによって撃沈されたことになっているが、どうもこれは誤りのようだ。英語で検索すると、ハマヘッド、USS Hammerhead (SSN-663)、という潜水艦がやったことになっている。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-12 10:02 | (戦争)マレー沖

伯父の記録

戸籍謄本のコピーが届いた。

長男、中里清季。1916年(大正5年)12月7日生まれ。1944年(昭和19年)4月22日にニューギニア島アイタペで戦死。享年28。

次男、中里宏。1922年(大正11年)8月17日生まれ。1945年(昭和20年)5月15日にマレー半島シンゴラ沖にて戦死。享年22。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-11 08:50

陸軍軍歴照会(埼玉県)

こうなったら、満州へ出兵してシベリア抑留された母方の祖父、銀蔵じいちゃんについても調べてやろうと、埼玉県庁の援護課に問い合わせた。

こちらは、記録が消失している場合があるらしい。特にシベリア抑留された場合だって・・・。

以下は担当の方からの返信。とりあえず記録があるか調べてもらうことにした。

*******************************************************
お問い合わせの件ですが、軍歴に関する証明は当課で行っています。当課に保管している兵籍簿(軍歴に関する記載がされているもの)は、兵隊を辞めたときに埼玉県に本籍のあった陸軍の軍人のみとなっています。

おじいさまは戸田市出身ということですが、本籍と住所が異なる方も多いため、兵隊を辞めたとき(昭和20年代でしょうか)の本籍を再度ご確認いただいた方が良いかと思います。

また、戦後、一部の兵籍簿は焼却・廃棄されてしまったため、全員の方の兵籍簿はありません。全体の4割程度しか残っていないと聞いています。とくに、シベリア抑留をされた方については、兵籍簿(各部隊が持っていました)がない場合が多いです。あらかじめ御了解くださいますようお願いいたします。

軍歴の申請は別添の文書にてお願いしていますが、上記のとおり、兵籍簿がない方も多いため、事前にあるかないかをお調べすることは可能です。その場合には、おじいさまの氏名(旧姓のある場合は旧姓も)、生年月日、兵隊を辞めたときの本籍地の3つの情報をお知らせください。また、個人情報保護のため、本人確認をさせていただく場合もあろうかと思いますので、よろしくお願いします。

埼玉県福祉部社会福祉課

**************************************************
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-10 09:06 | (戦争)シベリア抑留
陸軍の軍歴照会は県の援護課だとういうので、こちらも群馬県庁に問い合わせると早速回答をいただいた。

**************************************************
申請をいただくには、

①兵籍簿等交付申請書により
②請求者(中里様)と該当者(伯父様)の関係の判る書類(戸籍謄本等)

を添付していただき、国保援護課へ送付してくださいませ。


①兵籍簿等交付申請書を添付しますのでご使用ください。
**************************************************
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-09 09:03 | (戦争)ニューギニア
海軍の軍歴紹介は厚生労働省ということなので、問い合わせると、返事が来た。

*******************************************************
平成20年3月29日付けのメールをもってご照会のありました戦死された伯父様の軍歴に関するお問い合わせについて、担当する当室から、次のとおり回答いたします。

お尋ねの内容は、個人情報に係わるものであり、プライバシー保護の観点から、戦没者と照会者との関係について親族関係等の確認を行ったうえで文書によりお答えすることとしています。 
したがいまして、ご面倒でも下記①②③④の事項を記入した書面に、⑤⑥⑦⑧の確認書類を添付して、下記あてご照会下さいますようお願いします。

                 

                     記

 ① 調査の目的(記録保存、家系図作成のため等)

 ② 調査対象者(戦没者)について
    氏名(旧姓がある場合は旧姓も記入してください。)、生年月日、戦没年月日、本籍地、旧    海軍に在籍されたことで記憶されている事項(部隊、艦船、階級等)

 ③ 調査対象者(戦没者)の病歴・犯歴等、いわゆる「センシティブ情報」が記載されていた場   合の、開示希望の有無

 ④ 調査依頼者(お父様)について
   氏名、住所、生年月日、電話番号、調査対象者との関係(続柄)

 ⑤ 調査対象者(戦没者)の戦没年月日が確認できる戸籍書類

 ⑥ 調査対象者(戦没者)と依頼者(お父様)との関係がわかる戸籍書類

 ⑦ 調査依頼者(お父様)の身元が確認できる書類
   氏名、住所が記載されている運転免許証、健康保険証等のコピー1部

⑧ 調査依頼者(お父様)の住民票
   開示請求日前30日以内に作成されたもの

     (照会先)
         〒100-8916
        東京都千代田区霞が関1-2-2
    厚生労働省社会・援護局業務課調査資料室資料第4係
    電話 03-5253-1111(代表) 内線3487

******************************************************
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-08 09:01 | (戦争)マレー沖

鳥取丸に生存者

鳥取丸について更に調べると、以下の文章を発見。伯父さん、鳥取丸じゃないといいけど、悲惨だ。

以下、ネットからのコピー。(こちらはオリジナル)
***************************************************
昭和17年に海軍に徴用された鳥取丸は,潜水艦の雷撃や空爆の被害を被りながらも輸送任務を続けます.昭和20年6月,シンガポールの海軍は次のように打電しました.「鳥取丸ハ西貢サイゴン方面ヨリ昭南向ケ帰航中五月十四日シャム海湾入口方面ニ於テ敵潜水艦ノ攻撃ヲ受ケ沈没.乗組員救助出来ズ,全員絶望ト思ハル」

しかし昭和21年4月に生存者が帰国します.その証言から,5月15日に沈んだ鳥取丸総員72名のうち48人が救命艇に移乗していたこと,途中で敵潜水艦に遭遇した時大塚船長以下半数以上が海に入って自決したこと,潜水艦は海面に浮かぶ者を機銃掃射し救命艇は見逃したこと,尿まで飲む渇きと赤痢患者がでる中で漂流7日目にして島に辿り着き,原住民の手厚い看護をうけていたことが判明したのです.生存者は19名でした.
***************************************************

文献が 小林毅夫/鳥取丸乗船中の出来事/游仙会「郵船の思い出」所収/昭和37年となっているので、調べたが、どこにも売っていない。読みたいが、国会図書館あたりに行けばみつかるのだろうか。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-06 08:58 | (戦争)マレー沖

悪名高き鳥取丸

鳥取丸とシンゴラ沖が微妙にあわない。ネット情報だと鳥取丸はベトナム沖で撃沈。シンゴラ(タイのマレーシアに近いところ)沖で撃沈されたのは同時期だと金鈴丸となっている。でもこれはタンカーだ。シンゴラはマレー海戦でも重要だった港町なので、他にも撃沈された船は多々あるとは思うが。

鳥取丸情報を英語で検索すると、どうやらこれは悪名高き輸送船だったようだ。日本語の検索ではそういう文章があまりひっかからないのが、日本っぽい。

父に以下のメールを送る。

「もし伯父さんの乗っていたのが鳥取丸だったら、これは外国では悪名高き船だよ。この船を使って米英人捕虜が日本や韓国、台湾の収容所に送られて強制労働させられたから。」

この件については日本語の情報があまりないので、もし宏伯父さんが本当に鳥取丸に乗船していたということがわかったら、英語の記録や手記も調べてみようと思う。

鳥取丸の残骸は今では、ダイビングでダイバーが見に行ったりもするらしいからYouTubeなどで映像も見れる。

伯父さんが乗っていた船の特定のために、やはり厚生労働省に軍歴照会しよう。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-04 08:48 | (戦争)マレー沖

シンゴラ沖

父が戸籍謄本を郵送請求してくれた。数日で実家に届いたのでコピーを郵送してもらう。

待ちきれないので、母に電話して、伯父が戦死した場所の記録を読んで貰う。

清季伯父は父の記憶通り、ニューギニアで、宏伯父はマレー半島シンゴラ沖にて戦死。あ、これはサイパン沖とは全然違う。

早速ネットでサーチ。シンゴラ沖と鳥取丸がもしかしたらつながるかもしれないという結果が出てきたので、父に早速以下のメールを送る。

「鳥取丸というパパの記憶が正しいとすると、インターネットで鳥取丸の最期はこうだったって書いてあるよ。シャム湾沖ってことはマレー沖だね。死亡日とかとだいたい合ってる?

(以下ネットからのコピー)
鳥取丸 TOTTORI MARU 16520/MJLP→JPQD 貨物船 6,057G/T
Lpp 128.77(422.50') B 16.97(55.68') D 9.54(31.31') m 主機 R) 3連成
266NHP/IHP 1基 10kt
進水 1913.8.__(大2) 竣工 1914.1.19(大3) Russell & Co.,Port
Glasgow,Scotland建造
→1913(大2)建造中に日本郵船(東京)に売却、鳥取丸 TOTTORI MARU と改名
→1945.5.15(昭20)仏印南岸ハッチェンからシンガポールへ向け航行中、シャム湾
入口(9.58N,101.05E)で米潜*HALIBUT*(SS -232)の雷撃により沈没」
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-04-03 08:36 | (戦争)マレー沖
高崎市役所で戸籍謄本の郵送申請をしているとホームページに書いてある。日本のお役所にしては、なかなか便利なシステムを導入していると関心。

戦没情報のある戸籍の請求も郵送でできるか一応メールで確認する事にすると、早速回答をいただいた。

******************************************************

郵送にて本籍地の市区町村役場に戸籍を請求する場合、
 ①交付申請書(メールに添付してありますが、高崎市のホームページからもダウンロードできます)
 ②手数料分の郵便小為替(除籍・改製原戸籍750円です)

※今回、伯父様の戦没情報のある戸籍が必要ということですので、申請書の通信欄に「伯父****の戦没事項が記載されている戸籍が必要」と記載をお願いいたします。除籍か改製原戸籍になりますので手数料は750円です。お父様が請求者になっていただく場合は必要な書類はありませんが、知津子様が請求者となる場合にはお父様との親子関係がわかるもの(戸籍のコピー等)をお願いします。

 ③返信用封筒(80円切手貼付、住所・氏名記入のもの)


①②③を同封して請求してください。

以上について、何か不明な点がありましたら、
再度メール又は電話にてご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。
**************************************
高崎市役所 市民課 証明担当
〒370-8501 群馬県高崎市高松町35-1
電話 027-321-1111(代表)
   027-321-1232~1234(直通) FAX 027-328-6924
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-30 08:30

高崎歩兵第15連隊史

高崎市立図書館からも早速お返事をいただいた。

****************************************
戦没者関係の資料としては、当館には「高崎歩兵第15連隊史」
という本があります。ただし、該当の方が確認できるかは不明です。

また、県の厚生援護課(現在この名称が正しいかはわかりません。)
といったところもかなり詳細な資料がありますので、参考となるかも
しれません。
******************************************

15連隊に所属していたのなら、次回の帰国時には図書館へ出向いてこの本を読みに行こうと思う。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-27 08:28 | (戦争)ニューギニア

戸籍謄本!

さっそく、高崎市福祉事務所から非常に丁寧な回答をいただいた。そうか、戸籍謄本をまずとらなきゃ!そして、軍歴証明なるものが存在するのね!

***********************************************
戦没者(叔父)の詳しい所属部隊や死亡日時、場所などを知りたいので、市役所が記録を保管していないかとのご質問でしたが、市役所では戦没者の記録を保管しておりません。
ただし、戦没者の生年月日・死亡年月日・死亡した場所であれば、戦没者戦没当時の戸籍謄本に記載されておりますので、戦没者戦没当時の本籍地を有する市区町村の戸籍担当係で戸籍謄本の交付請求をお勧めします。その際は、戦没者の父親を戸籍筆頭者とし、戦没者の死亡の記載ののるものを請求してください。

なお、軍歴証明の発行事務は、厚生労働省(海軍)と戦没者の本籍地を有する都道府県庁(陸軍)が行っておりますので、詳細については厚生労働省(海軍)又は戦没者の本籍地を有する都道府県庁に問い合わせをお願いします(これらの資料については個人情報であることから、本人またはその遺族、行政機関等からの照会を除き、原則として非公開となっております)。

問い合わせ先
高崎市保健福祉部社会福祉課地域福祉担当
℡ 027-321-1243(内線3242)

陸軍の場合
戦没者の本籍地を有する都道府県庁の援護事務担当課

海軍の場合
〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
厚生労働省社会・援護局業務課 

*************************************************
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-27 08:24

鳥取丸?

次男の宏伯父さんは海軍だったということなので、さっそくサイパン沖での事例を調べてみて、以下のメールを父に送る。

「次男のサイパン沖での戦死は、昭和19年(1944年)の夏かしらねえ。この時期にサイパンが陥落している。なんていう船に乗ってたか知ってる?」

父からの回答は、

「記憶が確かでないけどとっとり丸?だったかな?忘れたよ。 」

鳥取丸を検索すると、撃沈されたのはサイパン沖ではないから、鳥取丸ではなさそうだなあ。父にメールを送る。

「鳥取丸は1945年にベトナムからシンガポールに向けている間に沈没ってあるなあ。」

やはり正確な情報がほしい。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-27 08:13 | (戦争)マレー沖
伯父の戦地での記録などが何処かに保存されていないのだろうか。

思いつく限りで、高崎市役所と高崎市立図書館に以下のメールを送付した。

「戦没者名簿について。伯父(高崎市宿大類出身、高崎の連隊にいたことは確かです)が第二次世界大戦で戦死していますが、詳しい詳細がわかっていません。個人的に調査を考えていますが、所属部隊や死亡場所などが不確かなため、戦没者の記録を捜していますが、そちらにそのような情報はありますでしょうか。」
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-26 08:19

とても勇敢な18連隊?

父に15連隊の記憶違いじゃないって聞くと、

「とても勇敢な18連隊?でなかったかな? 」

という返事。勇敢で有名だったらネットの検索にも出てきそうだが・・・。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-26 08:08 | (戦争)ニューギニア

所属部隊は?

父に伯父の名前と所属していた部隊を聞くと、こんな返事が返ってきた。

「長男は中里清季(キヨスエ)陸軍軍曹?高崎18連隊?師団は知らない」
「次男は中里宏(ヒロシ)海軍 高崎18連隊?師団は知らない」

まあ、伯父さん、素敵な名前だったのね。

父の記憶が不確かなので早速ネットで高崎18連隊についてしらべてみるが、出てこない。高崎で有名なのは城址公園にも碑がある「高崎15連隊」らしいから、父の記憶違いかもしれない。が、確証がない。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-25 08:02

硫黄島からの手紙

イースター休暇中に『硫黄島からの手紙』を見た。

ふと浮かんだのは太平洋戦争で戦死した二人の伯父の事。父は8人兄弟の7男なので長男とは20歳近く年が離れていた。

二人は中里家の長男と次男。頼りにしていた息子二人に先立たれた祖母は大層悲しんだそうだ。

子供の頃、父の実家(群馬県高崎市宿大類)を訪ねると、祖父に並んで制服を着た若い伯父の遺影があったことを思い出す。

戦死した伯父の事が知りたくなって、早速父にメールすると、父の記憶はあいまいだ。「長男はニューギニアで、次男はサイパンへ向かう輸送船で戦死した。」

ようし、わかるだけ調べてみようと思い立った。
[PR]
# by pimmsandlemonade | 2008-03-24 07:40