祖父、祖母、戦地で散った伯父の事、中里&中尾家の歴史について調べます


by pimmsandlemonade
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 8 )

戦歴証明がきた

群馬県庁から、長男の清季と四男昭人(昭人伯父さんは復員した)の陸軍での戦歴と、厚生労働省からは次男宏の海軍での証明が来た。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-30 15:37

着々と

父からメール。お疲れ様!返信くるのが楽しみだわ。

「あ~あ、疲れた。中里清季(長男)、中里昭人(4男)の兵籍簿申請を
群馬県庁に、中里宏(次男)の軍歴照会を厚生労働省に依頼しました。」
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-15 06:32

伯父の記録

戸籍謄本のコピーが届いた。

長男、中里清季。1916年(大正5年)12月7日生まれ。1944年(昭和19年)4月22日にニューギニア島アイタペで戦死。享年28。

次男、中里宏。1922年(大正11年)8月17日生まれ。1945年(昭和20年)5月15日にマレー半島シンゴラ沖にて戦死。享年22。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-11 08:50
高崎市役所で戸籍謄本の郵送申請をしているとホームページに書いてある。日本のお役所にしては、なかなか便利なシステムを導入していると関心。

戦没情報のある戸籍の請求も郵送でできるか一応メールで確認する事にすると、早速回答をいただいた。

******************************************************

郵送にて本籍地の市区町村役場に戸籍を請求する場合、
 ①交付申請書(メールに添付してありますが、高崎市のホームページからもダウンロードできます)
 ②手数料分の郵便小為替(除籍・改製原戸籍750円です)

※今回、伯父様の戦没情報のある戸籍が必要ということですので、申請書の通信欄に「伯父****の戦没事項が記載されている戸籍が必要」と記載をお願いいたします。除籍か改製原戸籍になりますので手数料は750円です。お父様が請求者になっていただく場合は必要な書類はありませんが、知津子様が請求者となる場合にはお父様との親子関係がわかるもの(戸籍のコピー等)をお願いします。

 ③返信用封筒(80円切手貼付、住所・氏名記入のもの)


①②③を同封して請求してください。

以上について、何か不明な点がありましたら、
再度メール又は電話にてご連絡下さい。
よろしくお願いいたします。
**************************************
高崎市役所 市民課 証明担当
〒370-8501 群馬県高崎市高松町35-1
電話 027-321-1111(代表)
   027-321-1232~1234(直通) FAX 027-328-6924
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-03-30 08:30

戸籍謄本!

さっそく、高崎市福祉事務所から非常に丁寧な回答をいただいた。そうか、戸籍謄本をまずとらなきゃ!そして、軍歴証明なるものが存在するのね!

***********************************************
戦没者(叔父)の詳しい所属部隊や死亡日時、場所などを知りたいので、市役所が記録を保管していないかとのご質問でしたが、市役所では戦没者の記録を保管しておりません。
ただし、戦没者の生年月日・死亡年月日・死亡した場所であれば、戦没者戦没当時の戸籍謄本に記載されておりますので、戦没者戦没当時の本籍地を有する市区町村の戸籍担当係で戸籍謄本の交付請求をお勧めします。その際は、戦没者の父親を戸籍筆頭者とし、戦没者の死亡の記載ののるものを請求してください。

なお、軍歴証明の発行事務は、厚生労働省(海軍)と戦没者の本籍地を有する都道府県庁(陸軍)が行っておりますので、詳細については厚生労働省(海軍)又は戦没者の本籍地を有する都道府県庁に問い合わせをお願いします(これらの資料については個人情報であることから、本人またはその遺族、行政機関等からの照会を除き、原則として非公開となっております)。

問い合わせ先
高崎市保健福祉部社会福祉課地域福祉担当
℡ 027-321-1243(内線3242)

陸軍の場合
戦没者の本籍地を有する都道府県庁の援護事務担当課

海軍の場合
〒100-8916 東京都千代田区霞ヶ関1-2-2
厚生労働省社会・援護局業務課 

*************************************************
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-03-27 08:24
伯父の戦地での記録などが何処かに保存されていないのだろうか。

思いつく限りで、高崎市役所と高崎市立図書館に以下のメールを送付した。

「戦没者名簿について。伯父(高崎市宿大類出身、高崎の連隊にいたことは確かです)が第二次世界大戦で戦死していますが、詳しい詳細がわかっていません。個人的に調査を考えていますが、所属部隊や死亡場所などが不確かなため、戦没者の記録を捜していますが、そちらにそのような情報はありますでしょうか。」
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-03-26 08:19

所属部隊は?

父に伯父の名前と所属していた部隊を聞くと、こんな返事が返ってきた。

「長男は中里清季(キヨスエ)陸軍軍曹?高崎18連隊?師団は知らない」
「次男は中里宏(ヒロシ)海軍 高崎18連隊?師団は知らない」

まあ、伯父さん、素敵な名前だったのね。

父の記憶が不確かなので早速ネットで高崎18連隊についてしらべてみるが、出てこない。高崎で有名なのは城址公園にも碑がある「高崎15連隊」らしいから、父の記憶違いかもしれない。が、確証がない。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-03-25 08:02

硫黄島からの手紙

イースター休暇中に『硫黄島からの手紙』を見た。

ふと浮かんだのは太平洋戦争で戦死した二人の伯父の事。父は8人兄弟の7男なので長男とは20歳近く年が離れていた。

二人は中里家の長男と次男。頼りにしていた息子二人に先立たれた祖母は大層悲しんだそうだ。

子供の頃、父の実家(群馬県高崎市宿大類)を訪ねると、祖父に並んで制服を着た若い伯父の遺影があったことを思い出す。

戦死した伯父の事が知りたくなって、早速父にメールすると、父の記憶はあいまいだ。「長男はニューギニアで、次男はサイパンへ向かう輸送船で戦死した。」

ようし、わかるだけ調べてみようと思い立った。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-03-24 07:40