祖父、祖母、戦地で散った伯父の事、中里&中尾家の歴史について調べます


by pimmsandlemonade
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

中里宏

伯父は1922年(大正11年)8月17日に中里忠作、はるの次男として生まれる。

厚生労働省からの軍歴証によると「国高了」となっているから高校卒業後実家の農家を手伝っていたのだろう。

1942年(昭和17年)12月1日に召集令状により出兵。二十歳の冬。一補編入昭和17年12月1日。

1943年(昭和18年)6月7日 第一補充兵役編入 これに伴い「海軍兵籍編入(昭和18年勅令第四百二十一号)」というスタンプが押下されている。

1943年(昭和18年)12月15日 宏21歳。 横須賀第一海兵団 充員召集を命せられ参著 海軍二等水兵を命ず (田村印)
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-05-03 15:55 | (戦争)マレー沖
厚生労働省からの記録は、詳細で、実際に戦時中に使われていた手書きの記録簿のコピーで、宏伯父の両親、同居していた祖母、そして父を含む兄弟の名前と生年月日が全て記載されている。

入籍番号: 横一補 水第1471号 
兵種: 水兵
氏名: 中里宏 誕生 大正11.8.17
入籍時 学力: 国高卒 職業: 農業
服役年期: 一補編入 昭和17年12月1日
本籍地: 群馬県群馬郡大類村大字宿大類村・・・
家族: (全家族の氏名と生年月日)
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-05-02 15:47 | (戦争)マレー沖

鳥取丸

次男の宏伯父の戦死はやはり鳥取丸だった。

「昭和20年5月15日まれー半島シンゴラ沖にて戦死」の後、戦没時所轄として「船警 鳥取丸」

戦死に伴い、昇格。当日付けで「任海軍二等兵」
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-05-01 15:41 | (戦争)マレー沖

戦歴証明がきた

群馬県庁から、長男の清季と四男昭人(昭人伯父さんは復員した)の陸軍での戦歴と、厚生労働省からは次男宏の海軍での証明が来た。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-30 15:37

ないって・・・・

埼玉県福祉部社会福祉課から返信メールが来た。

**************************
中尾銀蔵様の兵籍簿をお調べしましたが、残念ながら県には保管がありませんでした。
**************************

ってことはおじいちゃんの所属していた部隊も調べられないし、どこへ行ったのかも、シベリアのどこにいたのかも、わからないのかなあ・・・。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-17 05:36 | (戦争)シベリア抑留

着々と

父からメール。お疲れ様!返信くるのが楽しみだわ。

「あ~あ、疲れた。中里清季(長男)、中里昭人(4男)の兵籍簿申請を
群馬県庁に、中里宏(次男)の軍歴照会を厚生労働省に依頼しました。」
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-15 06:32

鳥取丸濃厚かな?

次男の宏伯父の戦死日1945年(昭和20年)5月15日は鳥取丸が撃沈された日と合う。ってことは、父の記憶は正しいのかもしれない。本当に鳥取丸に乗船中していたのか。海軍の軍歴照会で確認できるだろう。

鳥取丸撃沈に関しては、日本語の検索だと、先に書いたように米艦HALIBUTによって撃沈されたことになっているが、どうもこれは誤りのようだ。英語で検索すると、ハマヘッド、USS Hammerhead (SSN-663)、という潜水艦がやったことになっている。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-12 10:02 | (戦争)マレー沖

伯父の記録

戸籍謄本のコピーが届いた。

長男、中里清季。1916年(大正5年)12月7日生まれ。1944年(昭和19年)4月22日にニューギニア島アイタペで戦死。享年28。

次男、中里宏。1922年(大正11年)8月17日生まれ。1945年(昭和20年)5月15日にマレー半島シンゴラ沖にて戦死。享年22。
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-11 08:50

陸軍軍歴照会(埼玉県)

こうなったら、満州へ出兵してシベリア抑留された母方の祖父、銀蔵じいちゃんについても調べてやろうと、埼玉県庁の援護課に問い合わせた。

こちらは、記録が消失している場合があるらしい。特にシベリア抑留された場合だって・・・。

以下は担当の方からの返信。とりあえず記録があるか調べてもらうことにした。

*******************************************************
お問い合わせの件ですが、軍歴に関する証明は当課で行っています。当課に保管している兵籍簿(軍歴に関する記載がされているもの)は、兵隊を辞めたときに埼玉県に本籍のあった陸軍の軍人のみとなっています。

おじいさまは戸田市出身ということですが、本籍と住所が異なる方も多いため、兵隊を辞めたとき(昭和20年代でしょうか)の本籍を再度ご確認いただいた方が良いかと思います。

また、戦後、一部の兵籍簿は焼却・廃棄されてしまったため、全員の方の兵籍簿はありません。全体の4割程度しか残っていないと聞いています。とくに、シベリア抑留をされた方については、兵籍簿(各部隊が持っていました)がない場合が多いです。あらかじめ御了解くださいますようお願いいたします。

軍歴の申請は別添の文書にてお願いしていますが、上記のとおり、兵籍簿がない方も多いため、事前にあるかないかをお調べすることは可能です。その場合には、おじいさまの氏名(旧姓のある場合は旧姓も)、生年月日、兵隊を辞めたときの本籍地の3つの情報をお知らせください。また、個人情報保護のため、本人確認をさせていただく場合もあろうかと思いますので、よろしくお願いします。

埼玉県福祉部社会福祉課

**************************************************
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-10 09:06 | (戦争)シベリア抑留
陸軍の軍歴照会は県の援護課だとういうので、こちらも群馬県庁に問い合わせると早速回答をいただいた。

**************************************************
申請をいただくには、

①兵籍簿等交付申請書により
②請求者(中里様)と該当者(伯父様)の関係の判る書類(戸籍謄本等)

を添付していただき、国保援護課へ送付してくださいませ。


①兵籍簿等交付申請書を添付しますのでご使用ください。
**************************************************
[PR]
by pimmsandlemonade | 2008-04-09 09:03 | (戦争)ニューギニア